環境事業部

光触媒技術

光触媒は光が当たることで活動する触媒のこと。光触媒(Tio2:酸化チタン)を表面にコートしたNK製品は太陽や照明などの紫外線を受けると光触媒反応を起こし大気中のNOx(窒素酸化物)を分解したり脱臭などの効果を発揮します。

光触媒作用

光触媒とは

光触媒のメカニズム

Tio2(酸化チタン)の光触媒作用

NKエコマーク

Necoシリーズ構造図

NKecoシリーズ構造図

※光触媒対応品
APGN,PCG,PCGN,MPGN,タウンキャンバス

抗菌性能試験(大腸菌)

白色蛍光灯照射

試験報告書

光触媒とは

そもそも触媒とは「それ自身は変化することなく化学反応を促進する物質」と定義されます。光触媒はこれに「光があたる」という条件が加わります。いろいろな光触媒作用を現す物質がある中で、日本機電株式会社の製品に採用している光触媒は、二酸化チタン(TiO2)です。

試験報告書

NKエネルギーシステム/NK LED看板

仮囲いは現場の広告塔です。

仮囲い

NK LED看板

NK LED看板

※写真・ロゴのデータを支給いただければ内絵の作成もいたします。

PageTop